劇団四季は今がお買い得品です

家族で観劇した時と同じ俳優さんのものがDVDで観れるなんて感動も倍です。(^O^)私はこの『はだかの王様』を見て劇団四季のファンになりました。届くのが楽しみです。

コレです♪

2017年06月19日 ランキング上位商品↑

劇団四季劇団四季 はだかの王様 [ 劇団四季 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

劇団四季のミュージカル『はだかの王様』は演出:浅利慶太!作曲:いずみたく!装置:金森馨!照明:吉井澄雄というそうそうたる創作陣に加え!まだ新人だった詩人!寺山修司によって台本が書かれ!新しい命が吹き込まれました。家族全員大好きな劇団四季の子ども向けミュージカル。王女サテンの婚約式に王様が着る衣裳をつくりたい!とお城にのりこんできます。」【解説】アンデルセン童話「はだかの王様」は、皆さんも子どもの頃に読んだり聞いたりしてよくご存知なのではないでしょうか。こどもと歌ってます。分かりやすい内容!楽しさ!幼い子供でも夢中になって観ていました。パジャママ!ステテコ!サテン!モモヒキ!スリップ!スリッパなど楽しい名前の登場人物たちがおりなす人間模様の中!あなたは「本当のこと」が言えますか?/2010年7月 自由劇場にて収録おもしろいです。子供達にミュージカルの楽しさを知ってもらうのには!とても良い作品だと思います。ただ画面が時々揺れる?(カメラが変わる?)のが少し気になりました。(大人たちが悩んでいるシーンが好きです)。世界一たくさん洋服を持っていて、それでももっと欲しいのです。【ストーリー】王様は何よりもおしゃれが好き。劇場に行かなくても茶の間で舞台の感動を味わえます。(さすが寺山修司と言うべきか、さすが劇団四季と言うべきか)生で観て感動したので、早速注文。彼のすべては着るものしだい、その日のお天気や会う相手、咲いているお花の色によって一日に何度も着替えをします。劇団四季はいいですね。ファミリーミュージカルとは言え、大人でも充分鑑賞に耐えうる作品です。ただし、この衣裳は役に立たないものや、とてもバカなものには見えないのです。ストーリーは大体知っていたので、説教臭い話かなと思って見たのですが全然違う。劇団四季の地方公演を、来月4歳の子供と観に行くことに!ミュージカルに慣れる為にまずはDVDを観せてみようと思い、子供が興味を示しそうな『はだかの王様』を購入〓大人には面白いんですが、ちょっと物足りなさを感じるかもしれません…子供はハマったらしく、何回も観ています〓これをキッカケにミュージカル大好きになってくれるといいです!ちなみに2歳の下の子供も所どころですが意外に楽しそうに観ています。アンデルセンは他にも「おやゆびひめ」「人魚姫」「みにくいあひるの子」「マッチ売りの少女」など名童話の数々を生み出し、彼の作品は現在でも全世界中で読み継がれ愛されつづけています。そんな王様に目をつけたのがデザイナーのスリップとスリッパ。「見たこともないようなすばらしい色合いで!しかもちっとも重さを感じない衣裳を作りましょう。この舞台を見たのは大人になってからです。進行役のアップリケとホックと一緒に幕を開ける歌を歌って、王様のいる世界へ旅立ちましょう。初めて見た四季のファミリーミュージカルがこれで!すっかりはまってファミリーミュージカルはくまなく見ていずれも良質な作品ばかりですが!四季にはまるきっかけとなったこれが一番好きです。。いろいろと事情があってなかなか思ったままを言えない人に対して正論を振りかざして追いつめるのではない姿勢に劇団四季の人間くさい優しさを感じました。